住宅ローンの借り換えを決意したら まず取り組むべきことは?

 住宅ローンを支払っていくうえで、金利が高ければそれだけ家計への負担につながります。金利が高いな〜と感じたら、まずは住宅ローンの借り換えを検討しましょう。

 まず、住宅ローンを借り換える手順ですが、住宅ローンの借り換えは基本的に同じ銀行では借り換えできません。まれに同じ銀行で借り換えが出来るという事もありますが、良い条件の住宅ローンを探すために、他の銀行の情報を手に入れる事も重要です。

 そして、一番重要なのは、今の借り入れしている銀行よりも低金利の銀行で審査を通す、という事です。そして、審査が通れば現在借入している金融機関に一括返済を行い、後は、新しい銀行の住宅ローンの返済をしていけばよいのです。

 住宅ローンは20年〜30年以上と長い期間返済していかなければならないローンです。長い期間返済し続けるローンですから、金利がどれくらいかによって、総合的な支払額が変わってきます。金利が高ければ高いほど総合的に支払う額が高くなってしまい、数百万円単位の差がつくほどですから、低金利であればあるほどお得に住宅ローンを借り入れることが出来るのです。

 中でも変動金利型・固定金利型ありますが、変動金利の場合、今は金利が安くても後々に借り換えなければ支払いが大変だという話も良く聞きますので、この二つのタイプの借入方法も検討してから住宅ローンを借り入れなければならないのです。

住宅ローンことならこちら

【引用】住信SBIネット銀行は、その名の通りネット銀行で、実店舗を持っていません。店舗を維持する費用をかけない分、顧客へのサービスを高めるという戦略をとっています。⇒住信SBIネット銀行住宅ローン審査の評判は?【低金利・高スペック!】
netbank-jutakuloan.flop.jp/