住宅ローンの新規申請と同様、借り換えの際にも審査があります

 大きな金額のローンといえば、代表的なものが住宅ローンですが、住宅ローンでも金利が高ければ、安い金利のローンに切り替えてしまったほうが確実にお得です。

 住宅ローンのような大きな金額のローンは1パーセントの金利の差でもかなり大きな金額の負担額の差があります。1パーセント違うということは、1パーセント分の金利の支払いがあるということで、それが何百万円にもなってしまうケースがほとんどですから、金利が安いということはそれだけで、家計に余裕を持たせる事が出来るのです。

 それを借り換えというのですが、借り換えをする際も住宅ローンの新規申請と同様、審査があります。借り換え先での審査を受ける、そして、その審査に通る事で、新たなローンを組むことが出来るのですが、同じ銀行でローンを組めないという難点がありますから、また一から住宅ローン借り換え先を探さなければいけません。

 しかし、住宅ローンを変動金利で借り入れしていた場合、同じ銀行で固定金利のローンに切り替える事が出来る場合もあります。その場合は、変動金利タイプで借り入れていることが条件になりますから、元々固定金利タイプで借入をしていた場合にはやはり他の銀行での借り換えを検討しなければいけません。

住宅ローン借り換え審査の参考になるサイトリンク