まれに見ない低金利の時代 借り換えるならお早めに

 住宅ローンのように大きな金額のローン借り換えは、金利が高ければ高いほど不利に返済をしなければなりません。住宅ローンともなると、他のローンに比べても金利が安いというイメージはありますが、たった1パーセントの違いで、大分差があるのです。

 例えば、30年の返済期間で、3000万円借入するとします。仮に金利を1パーセントとしましょう。そうなると、一年間で利息が30万です。それが30年ですから、利息だけで900万円の支払いがあります。そして2パーセントの金利の場合、その2倍ですから、30年間で1800万円の利息の支払いです。

 そう考えますと、たった1パーセントの金利の差でもかなり大きな金額の差が出てしまうのです。ですから、現在住宅ローンの金利で困っているなら、住宅ローン金利一覧を参考に借り換えを検討するのがお勧めです。

 出来れば、借り換えなら早めに検討をした方がお得なのですが、現在は、近年まれに見ない低金利の時代だと言われていますから借り換えするなら今がチャンスです。もちろん、早めに借り換えをした方が、その分利息も余計に支払わずに済みますから、早ければ早い対応をした方がよいのです。

 しかも住宅ローンを組むということは、家を購入するということで、一生をそこで過ごすということになりますから、しっかりした返済計画は立てたいものです。

住宅ローン金利参考サイト

住宅ローン金利一覧で比較!2017年金利上がる?【フラット35】
住宅ローン金利を一覧表で比較すると様々なことがわかります。住宅ローン借り入れを検討中のあなたに、これまでの推移と今後の動向予測から今最もおすすめの銀行をご紹介します!
www.interestrate-list.com/